前へ
次へ

紹介予定派遣制度を使って企業の正社員になる

紹介予定派遣制度は企業が正社員を採用するときに使うひとつのテクニックです。
半年間くらいの試用期間の後に正社員に登用されるという仕組みです。
もちろんそれには条件があります。
その半年間くらいの試用期間に、十分な成果を上げられるかどうかにかかっているのです。
大抵はこの試用期間が過ぎれば採用されることが多いのですが、まれに企業に気に入られなくて不採用となってしまうケースもあります。
これはケースバイケースということができます。
派遣終了後にもしも求職者の側でその企業が気に入らなかった場合はどうなるのでしょうか。
企業側は求職者が気に入ってしまって社員にしたいという考えです。
ですがこの場合には求職者自身がその企業を好きになれないという点で、正社員になることはためらわれます。
こうしたケースでは求職者の側から企業側に正社員になることをお断りすることもできるのです。
紹介予定派遣制度は求職者にとって極めて融通性の高い制度であるということができます。

Page Top